シックなアンティークカラーの秋色あじさいを
ゆっくりと時間をかけてドライフラワーにし、きれいな色に落ち着いたあじさいと実ものでリースをつくりました。



アンティークあじさい




生花のアンティークあじさいは年に2回オランダから届きます。
アンティーク調の落ち着いたカラーが魅力のアンティークあじさいはシックな中にも艶やかさのある微妙な色合いとグラデーションが特徴。

ドライフラワーになっても比較的きれいに色が残るところも魅力です。




ドライフラワーの色の変化



ドライフラワーのあじさいは日当たりの良い場所に飾ると早く退色します。
直射日光が当たらない場所に飾っていただくと長い期間このままの色を楽しんでいただけると思います。






時間の経過とともにアンティークあじさいの独特の深い色合いから徐々に色が褪せていき、全体的にベージュっぽく変化していきます。

そこからまた年月を経て深い色合いへとゆっくりと変化していきます。
何年も経って、なんとも言えない深いベージュ色になったあじさいもとってもきれいです。
ドライフラワーならではの経年変化によって移り変わっていく色もぜひお楽しみください。



リースの飾り方



リースは壁にかけて飾るのはもちろん、テーブルに平置きして飾るのもおすすめです。
食器や食べ物に当たりそうな場合は高さのある足つきのコンポート皿にのせて飾ったりするとよりテーブルが華やかになっておすすめです。








>>アンティークあじさいと実もののリースはこちら