枯れないお花 Preserved flowers プリザーブドフラワー

Preserve プリザーブ とは、「保存する」という意味。
新鮮な植物の樹液を自然な形・やわらかさ・ボリュームなどの特色を残しながら有機保存液と置き換える技術により生まれた商品です。

生花とほとんど変わらない美しさを長期間にわたって保つことができるといわれています。



すべて着色しているため、生花のような鮮やかなカラーとみずみずしさが特徴です。

ジィールでは生花のような、というよりは
アンティークな雰囲気の、シックなカラーにこだわって花をセレクトしています。
華やかなカラーやビタミンカラーも大好きですが
静かな落ち着いた空間にも合うような、そんなお花を作っていきたいと思っています。

長い間愛されてきたアンティークや古いものに惹かれるように、花もどこかアンティークな雰囲気が感じられるような色合いと佇まいを提案できればと思っています。


プリザーブドフラワーとドライフラワーの違いは?

ドライフラワーは、生花を乾燥させたもの。
生花のみずみずしさはありませんが、徐々に色褪せていくため
なんとも言えないアンティークな雰囲気が魅力。


乾燥しているため、壊れやすく花材によっては散ってしまうものもたくさんありますが
ドライフラワーに適した花材もたくさんあります。

あじさいやバラ、ユーカリなどが人気です。


対して、プリザーブドフラワーは生花と変わらない柔らかさとみずみずしさを保っています。
カラーも豊富なので、ギフトやウェディングでも人気です。


プリザーブドフラワーのデメリットは?

水に濡れると色落ちします。
水をあげたり、水のかかる場所での保管は避けてください。

高温多湿・直射日光があたる場所での保管は、色あせ・退色の原因になります。

着色しているため、布地などに触れると色が移る場合があるので注意が必要です。

梅雨など湿度の高い時期には、一時的に花びらが半透明になることがありますが
湿度が低くなると元の状態に戻ります。




 

プリザーブドフラワーのお手入れについて

プリザーブドフラワーについたほこりは、羽根はたきや化粧用の刷毛などを使って
やさしく払い落とすのがおすすめです。

梅雨など湿度の高い時期は、シリカゲルなどの乾燥剤と一緒になるべく湿度の低い場所で保管してください。
急激に乾燥させたり強く触ると、花びらがひび割れることがありますので十分ご注意ください。



実際どれくらい保つの?

プリザーブドフラワーが生まれたヨーロッパでは10年以上保つと言われています。
日本は湿度が高いため、そこまで保たない場合も。。。
また、花の種類やメーカーによってもかなり違うように感じます。
プリザーブドフラワーに出会った頃の花材が今でも残っていますが
20年近く経った現在でも色鮮やかに残っているものも多くあります。
全体的には、年月とともに少しずつ色褪せていき
最初のみずみずしさが徐々にドライフラワーのような雰囲気になっていくという感じです。

時間が経って少し落ち着いた色に変化したプリザーブドフラワーも
雰囲気があってとても素敵です。

ぜひ長く楽しんでもらえるとうれしいです。