blog

ボタニカルグリーンリース

大きなオーバル型のボタニカルリースができました。



アーティフィシャルフラワーのシックなグリーンをメインにプリザーブドフラワーの深いグリーンのあじさいとモス、実ものはドライフラワーとプリザーブドフラワーをミックスでアレンジしています。








持つとこんな感じです。



リース台の大きさ 約60×45センチ
リース全体の大きさ 約70×150センチ(垂れ下がるグリーンの長さを含む)



オンラインショップにアップしました。
ぜひご覧ください。

>>ボタニカルリース オーバル はこちら。


ボタニカルリースができました

プリザーブドフラワーのシックなグリーンのあじさいと、色鮮やかなグリーンの実付きのアイビーをふんだんに使ったボタニカルリースができました。




実ものいっぱいです。





直径約40センチです。



実付きのアイビー(ヘデラ)の葉は艶があって色鮮やか。
色も濃いグリーンで生花のようです。
輸入なのでどうしても葉っぱや実ものが折れてしまっていることが多いのですが、今回はとってもきれいなものが入荷したのでうっきうきです。

あまりにきれいなので、シャンデリアも作りました。
こちらもまたお天気の良い日に撮影してアップしようと思います。

リースは本日オンラインショップにアップいたしましたのでぜひご覧ください。

>>ボタニカルリース L はこちら。






今日は土曜日

毎週土曜日はin the forestの香りが店内に広がっています。






お店ではこんなディフューザーを使っています。



お手入れは月に一度、無水エタノールを入れて1時間ほど噴霧すると良いそうです。

今日も気持ちは静かな森の中。


>>in the forest ブレンドエッセンシャルオイルはこちら。


in the forest 香りのイベント

無事終了いたしました!
ご来店くださった方々、ワークショップにご参加いただいた方々、本当にありがとうございました。

1日目のワークショップは森のリースづくり。
ワークショップの準備からわくわく。
遠足の前の日のおやつを用意している時のようなわくわく感です。
そしてもれなくにやけていました。



びっくりするくらい完成度が高くて、しかも本当にかわいいリースができていて。。。
見ているだけでこちらまで楽しくなりました。
リース作りが初めての方もいらっしゃったのに、驚きのかわいさでした。


2日目は a’pointさんのワークショップ。
天然の精油で自分だけのロールオンをつくります。
楽しそう!
わたしも参加したことがあるのでこれ大好き!って思って見ていました。
本当は参加したかった。。。
自分のワークショップは余裕がなくてあの写真だけでしたが、a’pointさんのワークショップはパシャパシャ写真撮りまくりです。
写真はアップしていませんが、みなさまの笑顔や楽しそうな声を聞いているだけでしあわせ空間でした。





テーブルにグリーンを飾らせてもらっちゃったりなんかして、これもまたしあわせなひと時でした。



香りで空間は変わる。
なんて素敵なんだろうって思います。
香りで印象が変わり、その日の出来事も一緒に記憶に残り、香りでその時のことを思い出すことができる。

ジィールはプリザーブドフラワーやアーティフィシャル、ドライフラワーなどを扱っている店なので、もともと店内に香りはありません。
グリーンをメインに視覚的に森を感じてもらえるような空間をつくり、森林の香りで空間を仕上げる。
もし少しでも”森”を感じてもらえたとしたら・・・
“森”ではなくても、なんか気持ちがいい、清々しい気持ちになる、独特の空気感を感じる
そんな風に思ってもらえたとしたら香りってすごい!って思います。

日にちが経ってふとこの日のことを思い出してもらえることがあれば、その時感じたことなど機会があればぜひお聞かせください。
ご意見やご感想などもお待ちしております。

またいつか今回とは違う森の空間が作れたらいいなと思っています。



in the forest のルームミストとエッセンシャルオイルは今後もずっと販売していきます。
毎週土曜日だけの営業ですが、お店でもサンプルをご用意しております。

a’pointさんでも購入することができます。

ぜひ、in the forestの香りで森林浴してみてください。


>>in the forest ルームミストはこちら。
>>in the forest ブレンドエッセンシャルオイルはこちら。

>>世界にひとつ あなただけの香り創ります a’pointさんのサイトはこちら。






モスの壁

またしてもモスの壁を制作中のジィールです。


↑前のお店の壁(神戸店)


モスとは

モスとは北欧の森に自生する苔の一種。
ふわふわでもこもこのモスは、プリザーブド加工されているのでいつまでもやわらかくしっとりしています。



エアコンなどで空気が乾燥したときなど一時的にカリカリになることもありますが、時間が経つとまた元のふわふわに戻ります。

カラーは、モスグリーンやライトグリーン、ナチュラル(ベージュぽい色)、ホワイトなどナチュラルなカラーの他にも、イエローやピンク、ブラックなどもあり豊富です。

最近では壁に貼れるようにつくられたシートモスも販売されていますが、ジィールではやはりホッチキス。

発泡パネルにホッチキスで地道にモスをつけていきます。


モスの壁の作り方

1.発泡パネルにモスの色に近いカラーのペンキを塗ります。

こうすることで、モスが剥がれ落ちたりしてもあまり目立ちません。



2.モスをホッチキスでとめていきます。

ホッチキスは開いてとめることができるタイプを使用。
ちなみにガンタッカーでもやってみましたが力が強すぎてモスがちぎれてしまいました。
 


3.地道に地道に。。。
(この壁を作った後で、パネルにペンキを塗るべきだと気付きました。)

(2010年9月神戸店)


右端にちらっと見えるわたしの手。
姿は見えませんが一生懸命がんばっています。


そもそもモスの壁なんてかわいくなるのかな?と不安でいっぱいでしたが。。。
貼り終えたときの感動ったら。







今回はここまで広いスペースではないけれど、やっと1枚だけ完成したのでさっそく貼ってみました。



やっぱりモスの壁好き。
自分たちで作るから愛着もひとしお。

モスは壁に貼る以外にも、観葉植物の土の上に置いたり、ぽこぽこ置くだけでもかわいいです。



オンラインショップでも販売しています。
>>モス(北欧の苔)はこちら。




ボタニカルグリーンガーランド

天井から吊って飾れるグリーンガーランドができました。



アーティフィシャルのボタニカルグリーンにプリザーブドフラワーのあじさい、ドライの実ものなどをミックスでアレンジしているので、枯れる心配がありません。




天井や照明レール、カーテンレールなど
どこでも好きな場所に吊り下げて飾ってください。



グリーンのある暮らし

お部屋に観葉植物を飾りたい。



でも枯らしてしまいそうで心配。。。



最初はまめに水やりしたり枯れていないか心配になって様子を見るけれど
気が付けば枯れていた!
なんてことはよくあります。。。

忙しい毎日の中で、観葉植物をこまめにケアするのは正直難しいかもしれません。
育てやすい植物なら、とすすめられた植物を買ってはみたものの
枯れてしまって悲しい思いをすることも。

お水がたりなかった?
逆にお水をあげすぎて根腐れしてしまったのか。
日当たりが悪いから?
栄養が足りなかったから?

植物は生き物なので、原因は一つではないのも難しいと諦める原因に。。。

『それでもやっぱり植物のある暮らしがしたい』

私もその一人で、自宅には数種類の観葉植物を育てていますが
何度も何度も枯らしてしまいました。

枯れるたびに毎回落ち込んで何度ももう観葉植物を育てるのはやめよう
と思うのですが
やはり素敵な植物を見るとつい買ってしまうのです。



自分に合う観葉植物とは

今おうちに残っている植物は、多分自分のライフスタイルに合っている植物なのだと思います。

水やりが1週間に一度くらいですむ。
(冬は2週間に一度くらい)

葉っぱがしんなりしてきたり、乾燥してちょっとだけちりちりになってしまっても
気付いた時にたっぷり鉢底から流れ出るくらいお水をあげると
回復してくれるような強くて元気な植物。

ある程度ほったらかしていても、すくすく育ってくれる植物など。

どうしても、何度買ってもこの植物は枯らしてしまう、というものもあります。
観葉植物にも合う合わないがあると思うので
自分にあった植物をぜひ探してみてください。



植物を枯らさないポイント

植え替えている鉢が小さいと、どうしてもすぐに
土が乾燥してしまうので枯れやすくなります。
なので、うちの植物はどれも大きめの鉢に植え替えています。

数年に一度、大きくなったなぁ、水やりの回数が増えてきたなと思ったら
鉢の中が育った根っこでいっぱいになってきた証拠。
今の鉢よりも少し大きな鉢に植え替えます。

植え替えるのもそれぞれの植物に適した時期があります。
真冬や真夏は植物も元気がないため
避けた方が良いものが多いと思います。

植え替えや剪定の時期は植物によって違うので
お花屋さんに聞いたり、調べたりしてからするのがおすすめです。



でも、そんな難しいことは全部ナシにして
やっぱりグリーンのある暮らしがしたい!

そんな方におすすめのボタニカルグリーン。



ぜひ一度、取り入れてみてください。

長さ 約85センチ

長さは変更してお作りすることもできます。
お気軽にお問い合わせください。

>>吊って飾れるボタニカルグリーンガーランド ¥15,000

>>その他インテリアにおすすめのボタニカルグリーンはこちらから


ボタニカル

植物のある暮らしをコンセプトに、アーティフィシャルプランツを提案するカテゴリー”ボタニカル”が新しくオンラインショップにできました。


植物は好きだけどすぐに枯らしてしまう、留守にすることも多く植物を育てる時間もない、という方にもおすすめのアーティフィシャルプランツは、本物の植物と一緒に飾っても違和感を感じないほど。


葉や枝の動き、あわせる器や苔など、シンプルだからこそ細かなところにまでこだわってひとつひとつ制作しています。


お手持ちの器にアレンジしたり、オーダー制作も承っております。
ぜひお気軽にご相談ください。



オンラインショップはこちら。
botanical ボタニカル